育毛道への道のり
竹部平太のプロフィール  
竹部平太の育毛歴 
髪を生やす為の3つのプロセス     
竹部平太の日記


ハゲ改善メニュー!
  @ ハゲの原因を探る
まずは、抜け毛の原因を調べましょう!
  A 発毛の為の頭皮作り
あなたに合った頭皮作りをしていきましょう!
  B 育毛でハゲ改善!
髪を育てていきましょう!




竹部平太のハゲ改善コラム!
・ハゲ改善方法の優先順位。 
・ストレスを発散するには?  
・ハゲ遺伝なんてふっとばせ!
・育毛法・発毛法の選び方


プロペシア改善日記!
プロペシアに興味がある方はどうぞ^。^



全メニューはTOPページにあります^。^

薬物による脱毛

薬物使用による脱毛について説明します。

薬物による脱毛とは、薬物による副作用の事です。

がんの治療に使う、抗がん剤などと言った、
副作用の大きな医薬品、薬物を使用している時に起こる脱毛です。

多くの場合、髪の毛が全部抜け落ちてしまいます。

抗がん剤の場合、
がん細胞が早く増殖することに注目して攻撃をしているのですが、

髪の成長も早いので、抗がん剤のダメージを受け、
髪の細胞が痛んで脱毛します。

薬物による脱毛は、
使用している医薬品を止めると回復する事が多いそうです。

ただ、少し髪質が変わるそうです。

脱毛が起こりやすい薬剤として、

・アルキル化剤の一部(エンドキサン)、
・抗癌抗生物質(アドリアマイシン、ファルモルビシンなど)、
・植物由来の抗癌剤(タキソール、タキソテール、ラステット、
ベプシド、ビンカアルカロイド系薬剤)

などがあるそうです。

フィナステライド系、ミノキシジル系の育毛、発毛剤は有名ですが
使用する前は、医者に診てもらってからのほうが良いかもしれませんね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
私の育毛方がお役に立てたら、1票おねがいします^・^

blog_02.gif


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。