育毛道への道のり
竹部平太のプロフィール  
竹部平太の育毛歴 
髪を生やす為の3つのプロセス     
竹部平太の日記


ハゲ改善メニュー!
  @ ハゲの原因を探る
まずは、抜け毛の原因を調べましょう!
  A 発毛の為の頭皮作り
あなたに合った頭皮作りをしていきましょう!
  B 育毛でハゲ改善!
髪を育てていきましょう!




竹部平太のハゲ改善コラム!
・ハゲ改善方法の優先順位。 
・ストレスを発散するには?  
・ハゲ遺伝なんてふっとばせ!
・育毛法・発毛法の選び方


プロペシア改善日記!
プロペシアに興味がある方はどうぞ^。^



全メニューはTOPページにあります^。^

睡眠について

睡眠について調べます。

一日の睡眠時間はどのくらいでしょうか?

規則正しい睡眠をしているでしょうか?

髪の毛は夜間に成長し、日中にはほとんど成長しません。

夜間のなかでも髪が一番成長する時間帯があり、
それは22:00〜2:00と言われています。

この時間帯は副交感神経が最も働き、”成長ホルモン”
大量に分泌される時間帯なのです。

副交感神経が活発化する事により、血管を広げ血行がよくなります。

そして、頭皮の血行もよくなり、毛乳頭の代謝も活発になります。

また、睡眠中は筋肉活動が低下すると同時に、頭皮が心臓と同じ高さになります。
なので頭皮へ行く血液の量が比較的多くなります。


熟睡する事が大事

深い眠りに入ると成長ホルモンが分泌され、皮膚の細胞に成長を促し
細胞の新陳代謝を高めたり、
免疫力を強化する活動が行われていると言われています。

成長ホルモンは、睡眠に入ってから4〜5時間後に分泌され始め、
明け方まで分泌されます。

目に光が入ると分泌されにくくなるので、
真っ暗な部屋で、睡眠することが分泌を促し、
ぐっすりとした睡眠をとることができます。

レム睡眠、ノンレム睡眠と言う言葉を聞いた事があると思いますが、
深い眠り、つまり熟睡するのはノンレム睡眠をしている時です。

このレム睡眠とノンレム睡眠は、90分を一サイクルとして繰り返され、
時間が経つほど強いノンレム睡眠になります。
つまり、より熟睡できると言う事です。

成長ホルモンの分泌の時間から計算して、
最低でも6〜7時間は睡眠時間をとった方がいいと思います。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
私の育毛方がお役に立てたら、1票おねがいします^・^

blog_02.gif


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。