育毛道への道のり
竹部平太のプロフィール  
竹部平太の育毛歴 
髪を生やす為の3つのプロセス     
竹部平太の日記


ハゲ改善メニュー!
  @ ハゲの原因を探る
まずは、抜け毛の原因を調べましょう!
  A 発毛の為の頭皮作り
あなたに合った頭皮作りをしていきましょう!
  B 育毛でハゲ改善!
髪を育てていきましょう!




竹部平太のハゲ改善コラム!
・ハゲ改善方法の優先順位。 
・ストレスを発散するには?  
・ハゲ遺伝なんてふっとばせ!
・育毛法・発毛法の選び方


プロペシア改善日記!
プロペシアに興味がある方はどうぞ^。^



全メニューはTOPページにあります^。^

頭皮の皮脂を調べる

頭皮の皮脂を調べていきます。

毛穴に皮脂が詰まっていると、髪の成長をさまたげます。
ハゲている人の頭はテカテカではないでしょうか?

薄毛の人は皮脂腺が大きくなっている事により、
皮脂の分泌が多くなる事が、ハゲを促進させる原因の一つです。


ではさっそく調べましょう。

病院に行くと皮脂を調べる機械があるので、
それで調べるのが一番いいのですが、 

それが無理でしたら、あなたのハゲている部分を触ってみて下さい。

髪を洗った後に触るのが、判断しやすいかもしれません。

髪を洗った後で頭皮がベタベタだと、かなり重症です。 
(洗髪の仕方にもよるので、
この後に説明する洗髪方法をしてから触ってみて下さい。)
 
手に油がついていたら、量にもよりますがおそらく皮脂が多いと思います。


ちなみに機械で調べると6段階で表示されるのですが、
一番最高のレベル6というのは、分かりやすく言うとバーコードハゲの人の頭皮です。
  
洗髪後の頭皮に皮脂がある人は、レベル5もしくはレベル6かもしれません。

この皮脂が、いわゆるおやじ臭の原因でもあります。


皮脂の酸化により皮膚呼吸ができなくなる

皮脂が酸化すると、髪と頭皮を保護する機能がなくなり汚れとなります。

この酸化した皮脂は、頭皮にへばりつき皮膚呼吸ができなくなります。

この為、毛母細胞への酸素が不足し、毛母細胞が弱まり脱毛を促進させます。

ちなみに皮脂が酸化すると、毛穴が黒ずんで見えるようです。

角栓が毛穴に長い間つまっているときに、多く見られる現象です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
私の育毛方がお役に立てたら、1票おねがいします^・^

blog_02.gif


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。