育毛道への道のり
竹部平太のプロフィール  
竹部平太の育毛歴 
髪を生やす為の3つのプロセス     
竹部平太の日記


ハゲ改善メニュー!
  @ ハゲの原因を探る
まずは、抜け毛の原因を調べましょう!
  A 発毛の為の頭皮作り
あなたに合った頭皮作りをしていきましょう!
  B 育毛でハゲ改善!
髪を育てていきましょう!




竹部平太のハゲ改善コラム!
・ハゲ改善方法の優先順位。 
・ストレスを発散するには?  
・ハゲ遺伝なんてふっとばせ!
・育毛法・発毛法の選び方


プロペシア改善日記!
プロペシアに興味がある方はどうぞ^。^



全メニューはTOPページにあります^。^

育毛剤の選び方

育毛剤の種類

育毛剤の種類は、大きく分けて4つあります。


・血行促進タイプ

頭皮の血行をよくして、毛乳頭への栄養補給を多くする事で髪の毛の成長させるタイプ。

栄養を摂っていても、毛母細胞へ栄養補給がされなければ意味がありません。
毛母細胞に栄養が補給される為には、毛細血管から栄養を受け取る必要があります。

頭皮の硬い人は、皮膚の下にある真皮層が厚く硬くなり、その下の脂肪層を圧迫してします。
そして毛細血管も圧迫し、血流を悪くして抜け毛が増加します。

ミノキシジル系がこのタイプです。


・男性ホルモン抑制タイプ

毛母細胞の働きを鈍くする、男性ホルモンの活動を抑えるタイプ。

アロエに含まれるアロインと言う成分が、男性ホルモンの働きを抑えます。
みかんの皮では、リモネンという成分が有効のようです。

あと、プロペシアもこのタイプです。


・細胞活性化

ビタミンなどの栄養分を補給し、毛母細胞に直接働きかけ、細胞の活性力を高めるタイプ。


使われる成分には、ヒノキチオール、感光素、グルコン酸クロルヘキシジン、
ペンタデカン酸グリセリドなどがあります。

中でも、ペンタデカン酸グリセリド゙は、注目されている成分です。


・皮脂分泌抑制

過剰な皮脂の分泌を抑制するタイプ。

カシュウという植物の成分がもつ脂肪の除去作用が注目されています。



育毛剤を選ぶ時の条件

・自分に合った物を選ぶ事

皮脂の分泌が少ない人に、皮脂分泌抑制タイプの育毛剤を使っても
あまり効果がないです。

まずは、あなたの頭皮の状態を調べておく事が大切です。

・薬害を持たないもの
 
添加物や薬害が入ってない事が条件です。

ホルモン系統またはミノキシジル系の育毛剤はこれに該当します。

・天然成分のみ使用のもの

無香料、無着色が基本です。
 
防腐剤も使用してないもの選んだ方がいいです。
育毛剤に使われる主な防腐剤はパラベンです。

塗布してひんやりするタイプの育毛剤も、毒性がありまた頭皮を余計に乾燥させてしまうのでよくありません。

・信頼のある店、サイトで購入する事

特に海外などからの購入などは気をつけた方がいいです。

実際に購入した事のある人などに聞くのがいいですね^。^



育毛剤の選び方のまとめ

育毛剤の選び方は上記に書いたのが理想ですが、
防腐剤などは、おそらくほとんどの育毛剤に入っています。

まず優先する事は、自分に合った育毛剤を選ぶ事です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
私の育毛方がお役に立てたら、1票おねがいします^・^

blog_02.gif


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。